Rでプレゼンテーション

Rで欠損値の処理 ーna.omit, is.na, na.rm, 欠損値含むダミーデータ作成ー

データ解析を行うデータを確認すると、データの抜け、いわゆる「欠損値」があることがあります。 欠損値があると、データの解析やモデリングが適切に行えない可能性があります。 この記事では、Rでの欠損値の処理方法について解説します。 ■目次 ...
2024.04.16
Rでプレゼンテーション

Rでメタアナリシス ー統合的なデータ解析, meta, metafor, 臨床試験などー

メタアナリシスは、複数の関連研究からデータを統合し、効果量を定量的に評価する統計手法です。 臨床試験でよく使用されますが、例えば特定治療法の効果を各試験ごとに検討し、結果を統合することで治療法の総合的な効果を把握します。 ひとつの試験か...
Rでプレゼンテーション

Rでアップセット図(UpSet図) ーUpSetR, 集合の関係性を示す, サンプル数が多い場合におススメー

今回は、アップセット図(UpSet図)についてRのコード例を紹介したいと思います。 アップセット図(UpSet図)とは? ベン図とは違うアプローチで、集合の関係性を視覚的に示す図です。 RのUpSe...
2024.02.16
Rでプレゼンテーション

Rでベン図 ーggVennDiagram, venn, 最大7サンプル表示可能にー

ベン図は、集合論や統計学で広く使用され、重なりや包含関係を視覚的に理解するのに役立ちます。 異なるグループの要素の交わりや固有の特性を把握し、データの関連性を把握するのにとても便利です。 ■目次 1. ベン図とは 2. ベン図用ダミ...
2024.02.15
ウェルビーイング

ウェルビーイグ 精神的状態が身体的状態に影響を与える 心疾患に関する文献紹介

Well-being(ウェルビーイング)とは、個人の権利や自己実現が保障され、身体的・精神的・社会的に良好な状態であることを言います。 「身体的に良好である」、「精神的に良好である」、「社会的に良好である」、これらは独立したことではなく、...
Pythonでインフォマティクス

OpenMM 8 : 機械学習ポテンシャルを利用した分子動力学シミュレーション

このカテゴリーの記事では、「Pythonを使った機械学習やケモ・バイオインフォマティクスの実装や論文」を紹介していきたいと考えています。Python は3系(3.7~)、anacondaを中心にして環境構築していきます。以下のようなハード...
ウェルビーイング

ウェルビーイングと統計 ー血圧が高い①、減塩と血圧の臨床文献ー

「ウェルビーイング(well-being※)」 ※身体的・精神的・社会的に良好な状態。“心と体と社会がいい状態” ウェルビーイングと統計の関係 身体的・精神的な健康度合いをどのように計測すればよいでしょうか。また、そもそも「幸...
2024.01.25
Rでプレゼンテーション

Rで変数ごとに表示をカスタマイズできるヒートマップ ー革新的な可視化, funkyheatmapー

データ分析では、得られた結果を明確に示す可視化がとても重要です。 以前、相関行列のヒートマップについて解説をしました。 今回は、多彩なカスタマイズが可能な「funkyheatmap」パッケージを紹介します。 ■目次 1...
2024.01.10
Rでプレゼンテーション

Rでクラスター分析② ー非階層クラスター分析, k平均法, kmeansー

クラスター分析の主な目的は、サンプルのデータの類似性やパターンに基づいて、サンプルをクラスター化することです。 クラスター分析は教師なし学習であり、サンプルに対して事前に定義されたラベルやカテゴリがなくても、サンプルのクラスター化を行うこ...
Pythonでインフォマティクス

タンパク質の構造解析手法とIn silicoスクリーニングへの応用事例(株式会社技術情報協会出版)一部執筆担当 

2023年7月に「タンパク質の構造解析手法とIn silicoスクリーニングへの応用事例」の書籍が株式会社技術情報協会様より発売になりました。 この書籍の中の「第4章 分子シミュレーションによるタンパク質構造予測」において「第7節 Ope...
2023.12.06
よろしければTwitterのフォローなどもお願いします
タイトルとURLをコピーしました