無料で使える統計解析ソフトウェア Rの魅力

Rでプレゼンテーション

前回の記事では、データサイエンスを始めたい方へ、はじめにーRでプレゼンテーションー を書かせていただきました。

はじめに ーRでプレゼンテーションー
はじめに  ビッグデータを得ること自体が素晴らしいとされていた時代から、ビッグデータから何を得るかが重要となる時代へシフト。すべての研究者にデータサイエンス的観点が求められている。いや、すべての社会人といっても過言ではない。社会人の基...

こちらでは、無料で使える統計解析ソフトウェア Rの魅力ということで、Rについて少し触れます。

R統計グラフィックス(可視化)のための言語・環境です。

※Rについて(https://www.r-project.org/)

たくさんの統計的手法やデータの可視化のパッケージが提供されていて、とても拡張性が高い言語です。

例えば、数学的な記号や公式を使うことや、とてもきれいなデータの可視化をすることも出来ます。

 図1  RのDatasetのairqualityのピアソンの相関係数

 

図2 RのDatasetのirisのヒストグラム

Rは、フリーソフトウェア財団のGNU一般公衆利用許諾契約書の条項に基づき、ソースコードの形で無料のソフトウェアとして提供されています。

商用、研究用問わず、誰にでも開かれた技術ということです。しかも、LinuxやWindows、MacOS上で編集や作業ができます。

簡単に色々な分析が出来て、誰でも使えるんですよ!!

人気プログラミング言語では、Pythonが1位で、C++やJAVAが続き、、Rは7位ではありますが、参考site(The 2018 Top Programming Languages)

それでも、データサイエンスは一からだという方には、まずRをおすすめしたいです。

Rは、

・統計解析用のソフトであるため、統計に関わる沢山のパッケージが揃っている。

・扱えるデータ量がエクセルより多いため、ビッグデータ解析に向いている。

・複雑なデータの可視化でなければ、コードも単純。

など、魅力がたくさん。

とはいえ、Pythonは、Rでできることは大体できますし、しいていうなら、もっともっといろいろできるのかもしれません。

複雑な機械学習、深層学習は、Pythonが良いかもしれません。

しかし、データの可視化はRが得意です。コードも短いし、いろいろとシンプルです。

統計解析とその結果からの考察や活用をやると決めたのであれば、Rが良いかと思います。

また、ネット上にも情報がたくさんありますので、きっと力になってくれると思います。

Rで、いったデータからどういった解析を行えるのか?そこから何が言えるプレゼンテーションになるのか?までを投稿してきます。

次は、RとRstudioの環境を作ります。

 

 

コメント

  1. エミュイン合同会社では、信頼性の高い R で統計解析し、その結果を AI が解説する ブラウザだけで使える無料統計ソフト Reactive stat を無料で提供しております。
    https://www.emuyn.net/stats/index
    ぜひブログでご紹介いただけますと幸いです。
    よろしくお願いします。
    貴ブログの発展をお祈りしております。

タイトルとURLをコピーしました